管理者Xの検針

その物件を、愛そう。

夫婦の中でなら男性が家事をしてもいいんじゃないか

f:id:bukken_x:20140423170426j:plain

photo by Javorcas

 

自省logさんのエントリーから早速、使用してます!!

眺めて癒やされて欲しいGATAGにいた7人の台湾美女 - 自省log眺めて癒やされて欲しいGATAGにいた7人の台湾美女 - 自省log

皆さん突然ですが「GATAG」というフリー画像のサイトをご存知ですか?GATAG|フリー画...

これ神サイトだわ (*´∀`*) ※トップ画像に使用しました。

ゲスい私は美女を眺めているだけで…嫌なことなど忘れてしまう…

 

 まぁ、自省logさんのエントリーに何ら関係ないですが、日経新聞の中で『ほっこり』したのでご紹介。

家事が苦手で仕事が得意な妻 夫婦関係の終着点  :日本経済新聞家事が苦手で仕事が得意な妻 夫婦関係の終着点  :日本経済新聞

今でこそ「イクメン」、「専業主夫」なんて言葉もつかってますが、まだまだ男性が家庭での役割の割り振りを大きく負担?することは少ないと感じます。

働き方やライフスタイルの確立の中で就労の面や金銭的にまだまだ難しい面もあるんでしょうが、それよりも女性・男性の性格の差が大きいと私は感じています。

 

男性は女性ほど几帳面でなかったり、細かな気配りができなかったりと家事や家庭内の役割の中で女性だからこそ、上手に回っているということが大きいんじゃないかと思うのです。

 

ですが、仕事のあり方では、フリーランスであることや職場に籠らなくてもできることなど、幅が広がり女性がバリバリと働く時代にもなりました。

男性よりも快活で稼ぐことへの意識の高い女性も多いと思います。

逆に身の回りのことによく気が付く男性も増えてきたのでしょう。

そんな二人が出会ったなら!?

 

まぁ結婚生活の中でお互いに協力し合って生きていく中で、男性が育児・家事が得意でもいいじゃないか。

 

言葉って不思議なもので、二人には家庭内の役割の割り振りで上手に回っていても、第3者がそれを、

「お宅のご主人は主夫もこなして、いいですね~」

とか言いながら、『イクメン』・『主夫』っていうカテゴリーにはめ込むんです。

 

そこ!

「 素敵なご家族ですね 」

でいいんじゃないか (,, ゚Д゚) 

 

この記事の結びは秀逸だと思いました。

 妻が、職場の同僚や友人たちを自宅に招き、「ウチの自慢の旦那さん」と紹介してくれる機会が増えた。「旦那さんって、イクメンですね~!」などと言われて、どうにもこそばゆい。そんなとき、※※さんはこう返して笑いを取っている。

 「いやいや、イクメンじゃなくて、キチョウメンなだけですよ」

  ※引用に個人名が記載されていた為、※※にて伏字に変更しました。

 

イクメン男子はキチョウメンなのだよ ( ̄ー+ ̄)ニヤリ… 

 

プロチチ(1) (イブニングKC)

プロチチ(1) (イブニングKC)

 
広告を非表示にする