管理者Xの検針

その物件を、愛そう。

マンションも女性と同じ、外壁タイルというメイクがお肌を守ってます

 

f:id:bukken_x:20131108162546j:plain

 

 

中高層階のマンションでは重厚なタイル張りのものが多いです。

むしろ、最近ではタイル張りでないマンションの方が少ないのではないでしょうか。

 

 

昔は吹付塗装のマンションも多くありました。

 

違いはどこなのか?

すぐに想像がつくものから、当時私がなるほどと思ったことを書いてみます。

 

 

【 その1 】

ずばり印象!

タイル張りの方が高級感や頑丈なイメージがあります。

またタイルによる表情もあり、最近ではオシャレな感じも出ているものがあります。

タイルの性質では汚れにくいものもありますので、マンション自体がきれいに見えるのも特徴です。

 

【 その2 】

ずばりコスト!

安かろう悪かろうではないw

 純粋にタイル分のコストが両者を分けます。

タイル張りの物件でも同じように表面の塗装による被膜形成はしますので、極論を言えばタイルはなくてもよいのです。

 

 

コストをかけてでもタイルを張った方がいい理由をちょっと書いてみます。

 

タイトルに即してマンションを女性のお肌にたとえてみますw

※非常にデリケートという意味合いで使わせてもらいます。

 

コンクリートだけの状態はお肌丸出しなんです。

こんな状態で日差しの強いなか、風雨にさらされて、10年もたてばお肌ボロボロです。

・日光による日焼け

酸性雨などの風雨による浸食

・築年数による劣化

 

これらは建造物である以上必ず起こってしまいます。

※我々は老化してしまいます。

 

なのでアンチエイジング?劣化を遅らす手立てが必要になるのです。

この役割に大きく関係するのが外壁タイルです。

 

コンクリートだけの場合はある一定の時間がたつと「クラック」と呼ばれるヒビが入ります。ここにさらに雨風が入り込むことでさらなる劣化や躯体の内部にまで影響を及ぼしてくることになります。

※通常でもクラックは必ず入るものなので、「ヒビ=悪いもの」ではありません。

 

老化は身体が酸性化することだと何かで聞いたことがあります。

 

マンションもコンクリート自体が強いアルカリ性なのですが、酸性雨にさらされることで中性化してしまいます。この状態が内部をむしばみます。

※抵抗力がなくなった状態

 

上記だけでも結構深刻ですが、これらをタイルが防ぐのです。

 

まず、コンクリートの上に通常の被膜コーティングを施します。

※メイクの下地処理をします。

その後に何度かの塗装を施して、上にタイルを張っていくのです。

 

このタイルがあるおかげで、コンクリートが中性化しにくくなります。

風雨による表面の劣化があってもタイルからであり、躯体部分(コンクリート部分)には影響がほとんどありません。

 

でも、タイルも張り付けてあるいじょう剥がれるんです。

メイクをやり直さないといけません。

 

でも、適宜メイクしなおしたマンションは外壁もきれいで、躯体も長持ちするんです。

※適宜お仕事が生まれるんで、建設会社さんにも嬉しいんですw

 

 

始めにも書きましたが、タイルは余分なものでもありますので、塗装だけでも問題ないのですが、劣化スピードが速いので、建物の状態を保つという面では仮に20年の間で何度も外壁塗装をやり直すか、少ない回数でタイルを張り替えるかという選択だけです。

でも新規に立てる物件であれば売ること、借りてもらうことを考えれば見栄えのいいものにしたいと思うのは当然だと思います。※予算に問題などなければね

 

 

あと、タイルにも以下のような違いもあります。

・タイプA

f:id:bukken_x:20131108170758j:plain

 

・タイプB

f:id:bukken_x:20131108170826j:plain

 

 

タイプ2はモザイクタイルですが、最近はこれ多いと思っています。

自分なりになんで使い分けしてるのかなと考えてみました。

 

新築マンションには1年点検、2年点検と施工主による点検が入ります。

タイルの浮や剥がれを確認するのです。※これ以外ももちろん点検しています。

 

以前、新築マンションの引き渡しに立ち会っていた際、業者の方と雑談をしたことですが、こういったタイルも少し余らせておくことがあるというのです。

理由は新築からの点検で万一不備があったり、劣化が見られる箇所があった場合に同じタイルがない場合があるとのことでした。

 

塗料の色もしかり、特別に微妙な調合で作るので同じ色ができないからだと。

また、そのように置いてあったタイルも2年ぐらいたったマンションに張ると色むらが出る場合があると。

これは既存のタイルの方が日に焼けていて、置いておいたタイルがきれいすぎるんです。

現場で少しクスミを出すこともあるとおっしゃってました。

 

その点からいえば、モザイクタイルのようにマンション全体では同じ風合いでもタイル1枚単位でいえば、チグハグにもしくは既定の形に張ってもその色むらって出にくいんじゃねと思ったことでした。

 

 

私は作る側の人間ではありませんのでモザイクタイルの採用理由など別の理由があるかもしれませんが、物件の外壁に萌える男としてはなぜあのマンションはあの外壁なのだと考えてしまいます。

 

 

私も築年数オーバー30年そろそろいろいろなメンテナンスをしなければ一気に劣化してしまうw

男性は清潔感だけは手を抜かないようにしなければいけません。

女性からの入居申し込みがなくなってしまうw

広告を非表示にする