読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

管理者Xの検針

その物件を、愛そう。

ユニットバス(UB)の秘密

f:id:bukken_x:20130827205440p:plain

 

 

賃貸マンションの資料なんかで、風呂・トイレの記載箇所に、

「風呂トイレ別」とか「セパレート」とか「UB」、「ユニットバス」と書かれているのをよく見ます。

 

まぁ、書いてある通りお風呂とトイレが分離してあるのか、一緒なのかを表記しています。

 

お風呂とトイレが分かれているお部屋を希望する際には、

「セパレート」とか「別」表記を選びますし、

 

安さを希望した場合には、

「UB」でもいっかぁと文字通り、ユニットバスを選んだりしますよね。

 

でも、細かい…本当にどうでもよい細かい話をすると。

 

現在の賃貸マンション及び分譲マンションも基本的には『ユニットバス』が採用されています。

 

ユニットバス!

 

ユニット  バス!!

 

浴槽、壁、フロアと浴室全体をはめ込んで作る。

ユニットのバスなんです!!

 

だから、

資料を見ながらも、

資料を作りながらも、

資料で提案しながらも、

資料で説明を受けているときも

 すべて、

 

セパレートも風呂トイレ一緒も全部ユニットバスだよ。

 

って、思いながら話をしたり、聞いたり、資料を作っています。

 

細かいことが気になってしまう。

 

じゃぁ、細かいやつは風呂トイレ一緒の浴室は何というのか…

 

「3点ユニットバス」っていいます。

 

1点:浴槽

1点:洗面台

1点:トイレ

 

合計:3点ユニットバスです。

 

こういうやつです。

f:id:bukken_x:20100503222553j:plain

 

 

お風呂とトイレが分かれているお部屋の場合、独立洗面台まではないお部屋が多いと思いますが、そんなお部屋はだいたい「2点ユニットバス」を採用しています。

 

こんな、どうでもいいことが気になってしまう。

 

 

いや、気になって調べた時期がありました。

 

「なぜ?」と思うことにはだいたい答えがあります。

 

新しいこと・自分が知らないことを知ることはとても楽しい。

 

広告を非表示にする